国民年金と国民年金基金脱退後の還付金受け取りまでの流れ

こんにちは、ぽんとんです。

私は国民年金と国民年金基金に加入していましたが6月1日に会社員になったため、これらから脱退することになりました。

私はこれらの掛け金を、4月からの1年分を一括年払いにしていたため、6月以降の10か月分の掛け金を多く納めている状態でした。

今回はこれを還付してもらう手続きの流れをまとめてみました。

国民年金基金の還付金受け取りまでの流れ

・入社する前の5月の時点で、事前に国民年金基金に電話して事情を話し、「国民年金基金 資格喪失届」を送って貰うことになりました。
また、将来基金からいくらの年金が貰えるかが気になったので聞いたところ、上記書類を返送する際に、いくら貰えるか知りたい旨を記載したメモを入れておいてくださいと言われました。

・入社後、6月中旬くらいに会社から新しい健康保険証を貰い、この健康保険証のコピーを添えて「国民年金基金 資格喪失届」を返送しました。
その際、前述のメモを同封しました。

・その後、すぐに「国民年金基金 加入記録のお知らせ」という、将来いくらの年金が貰えるかがわかる書類が送られてきました。

この時点ではまだ還付金の案内はありませんでした。

・「国民年金基金 資格喪失届」提出後1カ月くらいたったところで、還付通知書が送られてきました。同封されていた還付金の振込先を指定する書類を返送しました。

・還付金の振込予定日は9月中旬となっているため、還付まで3カ月以上かかることになりました。

国民年金の還付金受け取りまでの流れ

国民年金のほうは、特に何も手続きをすることはありませんでした。

6月中旬に年金事務所から「国民年金保険料過誤納額還付・充当通知書」という書類が送られてきて、還付金の振込先を指定して返送しました。

こちらはいつ振り込まれるかはわかりませんが、2カ月くらいはかかるような気がします。

では本日はこれにて。

▼▼ブログランキングに参加しています。応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

※当ブログで紹介した銘柄は、売買を推奨するものではありません。
また過去の成績が良いからと言って将来も同様に良い成績になるとは限りません。
実際の投資行動にあたっては、ご自身の判断にて行ってくださいますようお願いいたします。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク