トルコリラでFXデビューしてみたらこうなった。

こんばんは、ぽんとんです。

積立投資は積立タイミングが来るまですることがなくとても暇です。

でも何か投資に関連した活動していないと死んじゃいそうなので、メインの積立投資とは別枠でいろいろ勉強したり試したりしています。

最近では、「SBIバーチャル・カレンシーズ」に口座を開いて、「コインチェック」で持っていた仮想通貨は全部そちらに移してみたり(移した途端、仮想通貨は暴落しましたが)、流行りのソシャレを試してみるべく「SBIソーシャルレンディング」に口座を開いてみたり(まだ開いただけですが)と、ちょこちょこやっています。

あと「インヴァスト証券」のトライオートETFなどを試してみたりしています。
トライオートETFの活動についてはまたの機会に記事に書きたいと思いますが、その過程でトライオートFXの口座も一緒に出来ちゃったので、意図せずにFX環境が整ってしまいました。

私はFXに関してはほぼ無知で、興味もなかったのですが、この前参加したセミナーで、主催者がめっちゃくちゃトルコリラを推していたので、FXってどんなもんなのさ、食わず嫌いも良くないし、ちょっと調べてみようかな、という気になりました。

スワップポイントってなに?
通貨を持っていたら毎日貰える利子みたいなものらしいけど…。
基本的に右肩下がりで下落していくような通貨で、スワップポイント狙いで投資するってどんな感じなんだろう?

ネットで調べてわかったような気になるより、ちょうどFXの口座もあることだし、体験して感じるのが一番早いや!ということで、FXデビューしてみることにしました。

で、早速トルコリラを1000通貨分ほど買ってみました。
1トルコリラ20.5円のときだったので20,5000円分。
(トライオートFXは基本的には自動売買するものですが、今回は試しなのでマニュアルで買ってみました。)
それが8月9日のこと。

そしたら翌日から来ましたさ!
”買ったら下がる”のお約束のパターン!
しかも大暴落!!

ひぇぇぇ!買って2日で損耗率25%!これがFXってやつですか!?
怖い!!
FXって、なんて怖ろしいものなんでしょ!

こんなのレバレッジかけている人とか、並みの精神でいられるんでしょうか?
私にとってはFXの怖さを知るとても貴重な体験を即効で味わうことが出来ました。
ありがとう、エルドアンさん。

ちなみに冒頭のエルドアン大統領の写真は、昨年イスタンブールに行ったときに見つけた看板です。行ったといっても、モロッコ旅行に行く途中で飛行機を乗り換える空き時間に5時間ほど滞在しただけですが、今回ついでなので、トルコの様子ということで写真を並べてみますね。

イスタンブールの空港にあった自爆テロ事件の慰霊碑。

私が行った日は、自爆テロ事件があった日から1年と1日目の日でした。
48人が亡くなった大規模テロ事件があったテレビの中でしか知らない場所に、現実に自分が立っているというのは、やはり怖いものです。

その後、観光バスで市内へ。

ブルーモスク

世界で最も美しいモスクと評されるそうです。
たぶん夜中の3時とか4時くらいだと思うのですが、参拝する人たちがちらほら来ていました。

私たち観光客は中庭まで入れましたが、その時間は建物の中には入れませんでした。

アヤソフィア

ブルーモスクの向かい側にあります。
元々はキリスト教の大聖堂で、現在は博物館だそうです。

イスラム教とキリスト教の建物が向かい合わせで存在しているのには驚きました。

ボスポラス海峡で釣りをする人々。

朝の5時くらいだと思いますが、めちゃくちゃ賑わっていました。
アジが釣れるそうです。

親切なおじさんが私にも竿を持たせてくれて、釣り体験をさせてくれました。


早朝の商店街。
喫茶店でシミット(ごまパン)とトルコチャイをいただきました。
他の店はまだどこも開店前でした。


先ほどの看板と人との大きさ対比。

こんなデカい広告が普通に商店街みたいなところの道端にあって、しかも4、5枚ほど、これと同じ広告が並んでいました。(並んでいる構図で撮るのを忘れてましたが。)

日本でこんな看板の安倍さんが並んでいたら、めっちゃ叩かれそう。


アメリカにiPhoneがあるなら、我々にはサムスンもあるしトルコ製のスマホもある(by大統領)


交番には装甲車のものものしい姿も。

夜中から早朝のみの滞在でしたが、イスタンブールはとても活気がある街だなという印象を受けました。

では本日はこれにて。

▼▼ブログランキングに参加しています。応援いただけると励みになります。
にほんブログ村 株ブログへ

※当ブログで紹介した銘柄は、売買を推奨するものではありません。
また過去の成績が良いからと言って将来も同様に良い成績になるとは限りません。
実際の投資行動にあたっては、ご自身の判断にて行ってくださいますようお願いいたします。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク